TOP

農業に従事するといっても皆さん扱う種類は様々ですね

 

市場で流通する食材は、それぞれ専門に生育している方々がいる

 

一つの営農化がすべてをとは言えません

 

 

このページではお米生産までのあれこれを記事化しておりますお米生産につての記事

更新履歴

2017/09/18 04:05:18 | お米生産につての記事
当地域では9月になれば、いや営農事情により8月の下旬から10月前半にかけて稲刈りが行われます。ほぼ、天候にやや左右される事情はあるものの、それなりにでしょうか?障害?それは降雨量が増すこと..次いでいえば台風到来時期に重なること8月に到来す...
2017/08/13 01:51:13 | お米生産につての記事
美味しいお米を食したい...という願いは誰にでもある...かどうかは知りません...とある..ですね美味しいお米を食したいので田んぼを見せてくれとのお客様が、何の因果か目の前に表れましての記事追加です......さて、なぜ記事追加というと....
2017/08/13 01:44:13 | お米生産につての記事
田んぼに早苗を植えて以降のことすが、雑草が繁殖してしまう例がございます。通常でしたら、田植え直後に除草剤を散布すれば...大まかにですが雑草の発生は抑えられ収穫まで全然草取りしないで済む水田もございますが、それは強力な除草剤を使用しているた...
2017/08/13 01:34:13 | お米生産につての記事
9月、稲刈りの季節到来です南日本では6月〜7月に収穫する気候環境ですが、当地では8月終盤から11月上旬にかけてが稲を刈りとるシーズンとなります時期にずれがあるのは各営農家の扱う品種等により違いはございますが、以外でいえば個々の事情ですね (...
2017/08/13 01:33:13 | お米生産につての記事
稲を水田で生育するには、畑などとは違い大量の水補給が欠かせません。よく水田に水を張るなどといわれる言葉通り、泥土上のうえ、約10センチほどは常に池状態を維持するため、水を安定的な状態で補給しておくことになりますが、水田の形状によりその過程は...
2017/08/13 01:24:13 | お米生産につての記事
水田用水を潤滑に送水するための除外物を取り除く作業3月9日 毎年恒例個々の事情は地域により異なるでしょうが、当水田への用水は久慈川から引き入れているので、挿入口及び最終排泄口まで一年の間に付着か、混じりこんだ除外物を取り除く作業を行わなけれ...
2017/08/13 00:30:13 | お米生産につての記事
雪が降雪する時期も経過し、今年こそ美味しいお米を育てようとの前準備をはじめました。ま、田舎でお米を生産、育てたいなどとの現地事情を全然知らん、良いことイメージをおもい描いている方もおられるよう....無謀なメールと理解しますが...今年は初...